がんと付き合うために

がんと付き合う

心のケア

癌という病気には様々なストレスが付きまといます。病気に関する悪い知らせ(癌発症や再発など)によるストレス。待ち時間(検査結果や入院待ち)によるストレス。つらい病状(痛みや吐き気など)によるストレス。いろいろなこと(仕事や家事など)ができなくなるストレス。 これらのストレスに対して、ショックや混乱が生じ、次に不安、落ち込みといった反応が出て、そして、新しい生活へと人生設計が立てられます。

まず、医師に癌の宣告をされれば、誰しもショックを受けます。また、何かの間違いだという否定感や絶望感が生まれることもあります。 そして、これからの生活への不安や落ち込む心で日常に支障を来たすこともあります。さらに疎外感や孤立感などを感じることもあります。

やがて、人の生来の適応力が発揮され始め、つらい状況にも関わらず、物事を楽観的に捉えられるようになると言われています。 そこで、大切なのは心のケアの専門家に相談することです。まず、担当医や看護師と話してみることです。必要に応じて専門家を紹介されるでしょう。

癌患者の精神的な苦しみを和らげることは、癌の治療と同じように重要なことです。自分の気持を専門家に相談することは、恥ずかしいことではないのです。また、カウンセリングなどの医療行為には健康保険が適用されるので、安心して相談するとよいでしょう。

癌患者や家族の心の問題研究のことを精神腫瘍学(サイコオンコロジー)と呼びます。サイコオンコロジーには大きな目標が2つあります。1つは癌が心に与える影響と治療法の研究で、1つは心が癌に与える影響です。これらの研究の成果による精神的ストレスの軽減が期待されています。