がんと付き合うために

がんと付き合う

家族が癌になったとき

あなたの家族の1人が癌と宣告されたとき、家族全体に様々な影響や問題が出てくることでしょう。不安や落ち込み、誰が身辺の世話をするか、経済的な負担などが考えられます。 家族はひとつの集合体です。癌治療が順調なら家族も元気になり、そうでないと家族も元気が出なくなります。家族が一丸となって癌と向き合うことが大切です。

ある調査で、家族の誰かが癌の場合、他の家族が強い不安や憂鬱を感じている割合は2割から3割になると言われます。要は、家族にも患者と同等の精神的負担が圧し掛かると言うことです。

言わば、家族は第2の患者だと言えます。しかし、患者を支えることに懸命で他の家族は二の次になってしまいがちです。また、家族の精神状態は、患者に伝わります。つらい状況の患者を思うと、他の家族は、自分のことを誰かに相談する余裕はありません。家族は、患者を支える立場と、第2の患者という立場の両面があることを理解する必要があります。

患者を支える家族に必要なことは、まず情報を収集することです。専門家からの情報はもちろん、メディアやインターネットからも情報は得られます。そして、家族それぞれがどのような役割ができるか考えます。ヒトには向き不向きがあるので上手に分担しましょう。 また、患者はつらい状況にあるので言動が毎日のように変化したり繰り返したりすることがあるので、辛抱強く対応することが大切です。

それから、患者が何を望んでいるか要望をよく聞いてみることです。そして、その要望が患者の気持に沿っているか、押し付けになっていないか、確認する必要があります。 しかし、家族がすべてを捧げて患者の援助をすることは不可能です。家族も自分の生活を大切にしなければなりません。