がんと付き合うために

がんと付き合う

コミュニケーション

もし、あなたが癌と宣告されたら、誰があなたを支えてくれるのでしょう。家族や友人はもちろんですが、病院ではどうでしょうか。 担当医や看護師、あるいは治療法や予防法などの研究者が支えてくれるでしょう。 そんな中で、病気のことだけではなく、家族のこと、経済的なこと、様々な悩みなどの相談に乗ってくれるスタッフがいます。それがソーシャルワーカーです。

また、ソーシャルワーカーによってセカンドオピニオンを紹介されることがあるかもしれません。そうなると、担当医との関係が難しくなるのではないかと不安になるものです。しかし、ことは命に関わる重大な問題です。

担当医に、紹介状を書いて欲しいという勇気を持たなければなりません。だからと言って転院するわけではないので、別の病院で診察や治療、あるいは手術を行っても、療養のためには元の病院に戻ることをきちんと伝えましょう。

セカンドオピニオンを求める際には、受診中の主治医と違う病院の異なる科の医師を求めるのが良いとされています。例えば、胃癌なら消火器外科ではなく消火器内科といった具合です。また、癌が進行してしまい、主治医に治療法がなくなってしまった場合、セカンドオピニオンには、特定の癌の治療法に携わっているのではなく、幅広い情報を持って状況に応じてアドバイスしてくれる専門家(医師とは限りません)を探すことも必要になるでしょう。

そして、これらの専門家と話すときには、できるだけメモを取りましょう。また、わからないことは必ず質問しましょう。聞くことは恥ずかしいことではないのです。さらに、治療法の説明や、自分が下す決定事項などの重要な内容は、相手の承諾を得て録音しておくと良いです。後でメモを見たり録音内容を聞いたりして、判らないことがあれば質問できるという利点があるのです。