がんと付き合うために

がん検診

検診の目的

日本の癌死亡者は年間30万人以上になり、死亡原因のトップになります。しかし、医学の進歩により早期発見、早期治療が不可能ではなくなりました。

癌検診の目的は、進歩した医療技術により、癌を早期発見、早期治療し、死亡者を減らすことにあります。乳癌や子宮頸癌、胃癌、肺癌、大腸癌の5種類は、検診によって早期発見できるようになりました。

癌の症状の無いうちに早期発見し、治療することが重要です。この時期は進行癌が少ないので、早期治療により死亡のリスクを低めることが可能なのです。 癌検診には基本的な条件が必要とされます。第一に、その癌の発症者が多く、死亡者も多いことです。そして、その検診によって死亡率が減少できないと意味を持ちません。

また、その癌検診の検査方法が確立されていて、かつ安全で精度が高いことが重要です。 さらに、検診によって見つかった癌の治療法が確立している必要があり、検診を受けるメリットがデメリットを上回っていなければなりません。

がん検診には、各自治体などが行う対策検診と、個人で行う任意型検診とがあります。対策検診には補助金制度があるので、比較的安価で検診を受診できます。任意型検診では、追加のオプションにより高度な検診を受診することも可能です。いづれにしても、癌死亡のリスクを低める効果は充分にあると言うことは間違いありません。癌は発症してから自覚症状が出ない場合も多く見られます。自分自身のためにも、家族のためにも、積極的に癌検診を受けることが大切です。