がんと付き合うために

がん検診

検診のメリット、デメリット

がん検診により、癌を早期発見、早期治療することで癌死亡者を減少できることが最大のメリットです。癌検診は、癌になっていない健康と見なされる人が対象者なので、癌が発見される場合は早期癌が多く見られます。

早期癌で発見できれば治る確率も高く、治療も軽度で済むことから、その方に対する色々な負担(身体的、経済的、時間的)は軽減されます。 また、検診によって癌以外の病気が発見されることがあります。例えば、前癌病変(細胞が癌になる前の段階)と言われるポリープ(大腸線種)や潰瘍、異型上皮(主に子宮頸癌)などです。これらの前癌病変は、経過を観察し、必要に応じ治療することにより癌の発生を防止することができるのです。

そして、癌検診によって異常なしという判定が下れば、ひとまずは安心して生活できます。これも検診の大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

一方で、デメリットも考えなければなりません。それは、癌検診の欠点や不利益を被ることです。いかに高度な医療技術を駆使した検査でも、癌の発見率が100%になることはあり得ません。癌の種類や発生場所にもよりますが、一定の大きさになるまで発見できないとされています。

また、癌によっては身体に影響を与えない、微小で進行癌にならないものもあります。しかし、それらを放置することはできないので精密検査や何らかの治療が必要になります。それが、結果的に不要な医療行為になることもあるのです。 そして、癌検診を受けると言うことは、癌になっているかいないかの判定です。日本人の3人に1人が亡くなる病気です。精神的負担は計り知れないものがあります。