がんと付き合うために

がんの治療方法

薬物療法

文字通り、薬を使う治療法です。抗癌剤やホルモン剤、免疫賦活剤などですが、ある種の鎮痛剤なども薬物療法になります。 現在、100種類近い薬が癌に対して使用されています。経口薬も注射薬もありますが、その投与する期間や作用効果も様々です。

また、これらの薬を分類すると2つのタイプに分かれます。癌細胞を直接攻撃して細胞分裂を抑制する抗癌剤と、免疫力を高め、癌を退治するものを補助する効果がある免疫賦活剤です。

抗癌剤の使われ方は、手術ができるようにするためや、切除する部分を小さくするため、また、術後の再発や転移の防止目的のためなどです。あるいは逆に、手術が不可能な癌や抗癌剤のほうが手術より効果大と判断された時などです。

ここで問題になるのが、抗癌剤による薬物有害反応、いわゆる副作用です。身体を組織している細胞は分裂を繰り返し新陳代謝しますが、その基本構造は癌細胞も正常な細胞も同じです。従って、抗癌剤は正常細胞の新陳代謝までも妨害してしますのです。毛髪や骨髄、消化管などの細胞分裂が活発な部位ほど悪影響を受けやすいと言えます。事実、抗癌剤で髪の毛が抜ける例は枚挙に暇がありません。

また、最近は分子標的治療薬と言われる抗癌剤が開発され、癌細胞だけを狙い撃ちできるので、身体の負担が少なくて済むと言われています。しかし、ほとんどの抗癌剤は副作用との戦いを強いられます。 抗癌剤で癌細胞が弱体してゆくのと、正常な細胞が弱体して身体活動が正常に働かなくなることのバランスを取るのが困難なのです。特に、心臓、肺、腎臓、骨髄などに与える悪影響は命取りになりかねません。