がんと付き合うために

がんの治療方法

免疫療法

ヒトが持っている免疫力が、癌の発症を抑えていることはわかっています。また、再発癌や転移癌の抑制にも免疫力が働いています。

その生まれ持った免疫力で癌を治療しようとするのが免疫細胞療法です。これは、先進医療と認められたので多くの医療機関で行われてきています。 免疫細胞には数種類あり、それぞれに役割があります。その原理は免疫細胞を活性化して癌細胞に戦いを挑むというものです。

免疫細胞を活性化させるのは、ある種の免疫活性物質(サイトカイン)です。この物質を直接身体の中に注入し、リンパ球を増殖させ活性化させ、抗癌効果を誘引します。これはサイトカイン療法と言われています。当初は、副作用がないとされ、効果に期待が寄せられましたが、実際に治療してみると、ショックや発熱、うつ状態などの副作用が発覚し、患者のQOLが低くなってしまうことになったのです。

そこで考えられたのが、サイトカインを直接注入するのではなく、サイトカインに反応するリンパ球を取り出し、身体の外でサイトカインによって活性化させ、それをまた身体の中に戻すという治療法です。

これにより、副作用はほとんど無くなり、患者の負担も軽減し、免疫力を向上させることができるようになりました。この方法が、免疫細胞療法の代表的なメカニズムです。 以上のように、身体の外に取り出した免疫細胞を、免疫活性物質(サイトカイン)により増殖させることを培養と呼びます。現在、この培養技術の進歩によって免疫細胞の活性化は難しく無くなったと言われています。