がんと付き合うために

がんの治療方法

放射線療法

癌細胞は、細胞の分裂活動が盛んなため放射線の影響を受けやすいと言われています。そこで、治療法として身体に放射線を当てたり、放射性物質を体内に取り入れたりしてがん細胞を取り除こうとするのが放射線療法です。これは、手術や薬物療法(抗癌剤など)と並ぶ一般的な癌治療法です。

ちなみに、この療法は安全かつ有効な手段として100年以上にわたり癌治療に使われています。アメリカでは6割以上の癌患者が放射線療法を行っているというデータがあります。日本では、まだ3割弱ですが、最近は増加傾向にあるようです。

この治療法は、癌細胞のDNAに損害を与え、細胞が増殖できないようにすることで作用します。正常な細胞は自己修復ができますが、癌細胞はできません。放射線によって死滅した細胞は、体内で自然処理されます。

癌の部位や大きさ、種類によりいくつかの治療法があります。体外から照射する外部放射線治療には高エネルギーX線装置を使用します。また、内部放射線治療は放射線源(放射性シールドなど)を体内に埋め込みます。

そして、放射線療法にはいろいろな専門家たちの連携が不可欠です。例えば、放射線治療医や放射線技師、放射線物理技師、看護師、事務員などが携わります。このチームが、癌患者に対し、最適な治療プランを計画します。さらに、治療中には、医療技術の高いこのチームが、そのプランが安全かつ正確に治療が進行されているかをチェックすることが重要と言えます。また、特殊なコンピューターを駆使して、放射線機器の観察とのダブルチェックを行い、治療が適切に進行しているかを確認していますので、安心して放射線療法に踏み切ることができるのです。